リフォームを行う事での発展【住宅の状態改善】

外観を綺麗にする

外壁塗装リフォームがなぜ必要なのか

家を建てて10年近く経つと、外壁塗装リフォームが必要とされています。 しかし、多くの人は特に不都合な様子が見えないからと、あまりリフォームの重要性を感じていないようです。 確かにこの頃の住宅のほとんどは、パッと見だけだとそんなに大きな変化は見られようですが、それでもしっかり検証してみれば、たとえば小さなヒビや剥がれがあったり、日当たりが悪いところや水が流れるところには苔や黒カビがあったり、手が外壁に触れると白い粉状のものがつくといった様子が見られることがよくあるのです。 実は、これは外壁塗装の劣化のサインなのです。 外壁塗装は家の外観を美しくみせるだけでなく、雨や風、紫外線や汚れた大気といった外からのダメージをブロックし、家を守る役目を持っています。 ところが、外壁塗装が劣化してしまうとこの役目を果たせなくなってしまい、外からのダメージが家の内部の柱や床といった構造部に入り込み、ついには腐らせたり傷めたりする可能性が高くなるのです。 そこで、これらを防ぐために、劣化のサインが見えたら外壁塗装リフォームが必要なのです。

リフォームを依頼する前に知っておきたいこと

外壁塗装リフォームにかかる費用は、家の面積と使用する塗料、工法によって変化します。 最も違いが出るのが、塗料です。 塗料は価格と耐久性が正比例しており、安価なものは耐用年数が短く、高価なものは耐用年数が長いのが一般的です。 つまり、あまりにも安い価格の場合は持ちがよくなく、その後何度もリフォームを繰り返す必要があるのです。 こうしたことから、安さばかりにとらわれず価格と耐久性のバランスを考えて塗料を選ぶことが大切です。 ちなみに、最も使用されているウレタン樹脂塗料の耐用年数は7年から10年とされ、一般的なリフォームの時期と重なっています。 このウレタン樹脂塗料に迫る勢いで、ここ最近人気急上昇中なのが、シリコン樹脂塗料です。 こちらは硬さが特徴でそのため耐用年数10年から13年と長く、経済性が高いと注目を集めているのです。

↑ PAGE TOP