リフォームを行う事での発展【住宅の状態改善】

工事業者の利用

新築でアンテナ取り付け工事をするとどれくらいかかるのか

アンテナ取り付け工事を業者に依頼するとどれくらいの金額がかかるのだろうか。 依頼先、地域や環境によって変動はするものの、首都圏エリアではおおよそ5万円程度が目安になるようだ。 取り付けの依頼先としては、アンテナ専門業者や家電量販店、街の電気屋、ハウスメーカー、ホームセンターなどが挙げられる。 もっとも手軽に利用できるのは、家電量販店に直接、またはインターネットで申し込むことではないだろうか。 特にインターネットならばアンテナ取り付け料金が明示されていることが多いので、依頼前にある程度の目安を付けることができて便利である。 しかし、実際にはテレビ線の分配数や電波塔からの距離によってブースターという増幅器を設置するため、アンテナ取り付けの金額が変わってくる。

どこに依頼するのが安いのか

昔はアンテナの取り付け作業といえば街の電気屋さんに頼むものであった。現在は新築時に取り付けるならハウスメーカー、ただ設置するだけなら家電量販店に依頼することが多いのではないだろうか。 量販店やハウスメーカーに依頼すると、実際はアンテナ専門業者に委託するため、中間マージンが発生し、価格が高くなることがあるようだ。 では個人業者がいちばん安いかといえば、量販店の中にはそのマージンを取らないところもあるようなので、そういう業者を探して依頼すれば個人業者に頼むのと同じくらいの金額で済むこともある。 また、個人業者の場合、5年・10年という保証をしてくれていても、その期限が来る前に廃業してしまう可能性もないわけではないので、心配ならば量販店や専門店に依頼する方がいいだろう。

↑ PAGE TOP