注意点 | リフォームを行う事での発展【住宅の状態改善】

リフォームを行う事での発展【住宅の状態改善】

注意点

外壁のリフォームの注意点の説明

外壁や屋根は、寒さ暑さや有害な太陽光線、飛来物などの全ての外部環境から快適な住まいを守る大切な役割を担っています。 外壁や屋根のリフォームの際には、耐久性や耐火性、耐水性、遮音性、断熱性などの性能を考慮した建材と塗装方法を選ぶ必要があります。 外壁材の断熱性能の優劣により、暖房費用が大きく異なって来ます。リフォーム費用の差額よりも、節約出来る暖房費用の方がお得なケースが多々あります。 又、外壁材の厚みは、一般的な木造住宅に使われる12mmから100mmを超える気泡コンクリート材もあり、外壁の材質や模様、塗装塗料の色や種類によって、住まいの外観デザインが大きく異なって来るので、より多くの施工例を見る必要があります。

サイディングの種類と人気の外壁材

外壁のリフォーム費用は、使用する外壁材により大きく異なって来ます。 一般的なリフォームに用いられるサイディングにも、木質系、窯業系、金属系、セラミック系があります。 木質系サイディングは、唐松やヒノキなどの木の風合いを生かした野趣溢れる仕上がりになりますが、腐食など耐久性が低く経年劣化が大きいので、定期的なメンテナンスが必要となります。 窯業系サイディングは、セメントを高圧成形されており重量感があります。サイディングの模様もタイル風やレンガ風などデザインが豊富で、耐久性や耐火性に優れています。 金属系サイディングは、アルミや銅などの金属板を焼成や塗装の被膜で表面を化粧した建材です。最近は、相場より建材価格が安価と言う理由で、ガルバリウム鋼板系のサイディングが人気です。 サイディングの他にも、タイル張りや土壁、漆喰壁、気泡コンクリートなどもあります。

↑ PAGE TOP